アライブのスタッフは、
サービスの探究者です。

K.Y

新卒入社 3年目

現場社員

アライブのスタッフは、
サービスの探究者です。

K.Y

新卒入社 3年目

現場社員

介護福祉×サービス。
2つの強みを持つプロとして。

人の役に立ちたいという気持ちから、大学では福祉を専攻していました。人と接するのが好きで、アルバイトは落ち着いたレストランでのホールスタッフ。ご年配のお客様と接することや、特別なひと時に立ち会うやりがいのある仕事は、いつも私を成長させてくれました。そんな私も、いざ就職活動を始めたときには、世間のイメージから介護という専門職の働き方について悩んだこともあります。周りを見ても卒業後に介護業界を選ぶ人は、実はそう多くありません。そんなとき、アライブと出会って、介護福祉という専門職に、質の高いサービスを組み合わせた仕事があると知ったんです。アライブの建物や設備は、他の介護付きホームとは一線を画す高品質なものばかり。ですが、ハード面だけでなく、そのなかで、最高のサービスをお届けするのがアライブです。介護福祉とサービス業、二つの領域でプロフェッショナルになれるアライブの仕事は、私のような人間にとって天職だと感じました。

最高のサービスを、
日々探究する。

最高のサービスだなんていうと、身構えてしまう人もいるかもしれません。でも、ちょっとした日々の工夫や気配りが、最高のサービスに繋がっていくと思うんです。例えば、「腰が痛くてお風呂のときに浴槽に入るのが大変」とおっしゃるご入居者がいたので、浴槽の中にお風呂用の小さな椅子を置いてみました。腰への負担が減って、楽にお風呂に入れるようになったと、とても喜んでくださって。半年以上経った今でも、「あなたのおかげで、お風呂が楽になったのよ」と言ってくださる。提案して本当に良かったと思いました。でも、私たちはそこで満足してはいけないのだと思います。ご入居者の体調や要望は、刻一刻と変わる。それをいかに観察し、気付き、対応できるかがアライブでは求められます。介護スタッフとしてご入居者に寄り添うのはもちろん、自分にどんなことができるのか考えつづけることが私たちの使命です。これからも、介護福祉の専門職でありサービス業のプロ、そんな生き方をアライブで探究していけたらと思います。